尊敬を抱きやすい医療従事者

 医療業界の危機的状況にまつわる話題が多く報じられている中、そんな現場で働く人を尊敬したいと言う声を上げる人も出てきています。現在では、高齢化社会の進行と言う事態が日本の病院やクリニック、診療所などと言った診療機関に重くのしかかってきているのです。医師や看護師、薬剤師などと言った従事者の不足が顕著になってきており、話題を呼んでいます。

 厚生労働省や関連省庁においてもこの事態については把握しており、さまざまな対策を講じていますが、目に見える成果に結びついていないと言うのが現状です。そんな中において、尊敬できる女性と言うテーマの話題をする際には、比較的、医師や看護師、薬剤師などと言った職業の人が選ばれると言う傾向があるとされています。その要因とも言えるのが、仕事内容の過酷さとも言われています。人の健康や命を守ると言うことが、最大の任務になるのです。一瞬たりとも気を抜くことが許されない緊張感の中での勤務になるのです。

 さまざまな分野において、価値観が多様化する中でも、医師や看護師、薬剤師などへの尊敬の念がなくなることはありません。女性が光り輝く社会の実現やライフワークバランス、介護離職ゼロなどと言った言葉が国家レベルで頻繁に使われていますが、いずれも女性の社会進出を後押しすることを目的としているのです。育児や介護などと医療関係の仕事との両立には高いハードルが立ちはだかっているのです。今こそ社会全体でサポートする時かもしれません。